>  日本酒のあれこれ  >  大吟醸と純米大吟醸の違いは?

日本酒のあれこれ


一覧を見る

大吟醸と純米大吟醸の違いは?

まず言えるのはどちらもおいしいお酒です。どちらにも入ってる“大吟醸”という言葉、これは日本酒の中でももっとも手をかけて丁寧につくったものにつけられる言葉です。

「純米」という言葉がついた日本酒とついていない日本酒があります

まずはこのことから説明します。日本酒にはいくつかの種類があります。そのうちの1つの分け方に「純米」か「純米じゃないか」というのがあります。簡単にいうと純米とは「米と水」だけでつくったお酒こと。で、純米じゃないものは、醸造アルコールを加えたお酒のこと。

大吟醸と純米大吟醸の味の違い

一般的に、純米はコクがある。醸造アルコールを加えたものは、キレがある。アルコールをいれると後味がきれいになり香りが立ちやすい、と言われています。分からない場合の選定の軸は『コクをとるかキレをとるか』で決めていただければよいかと思います。コクが純米大吟醸で、キレが大吟醸になります。

関連記事

酒はお米でできている

食べても美味しくないですが日本酒にすると最高に美味しい酒になる米「山田錦」とその土地の風景


sakenokome

大吟醸と純米大吟醸の違いは?  ページ上部へ